恋運速報
恋運速報

恋愛運、金運、仕事運、人生運を上げていくブログ。

本当の幸せを引き寄せる8つの法則

『本当の幸せを引き寄せる8つの法則』


○霊魂(スピリット)の法則

全てのものは霊的存在であり、
「死」は“終わり”ではなく、
『魂は永遠』です。


人間のたましいは永遠であり、
死はすべての終わりではなく、
“永遠の生”の始まりです。


死によって積み重ねてきた成果が
なくなるように見えても、
それはただ物質的なものであり、
自分自身がこの世で体験・経験した
「たましいの学び」は
決してなくなることはありません。


私たちはみな霊的存在です。
死は次へのステップにすぎません。
霊的世界からこの世に来て肉体に宿り、
この世でのたましいの学びを終え、
また死とともに霊的世界へと帰っていきます。


たましいは永遠です。
死はすべてが無に帰するのではなく、
現世という物質界から解き放たれる
きっかけにすぎません。


霊魂の法則は、死への恐怖・悲しみ、
人生は不幸であるという
ネガティブなイメージを
払拭してくれるでしょう。



○階層(ステージ)の法則

霊的世界は階層別に分かれており、
人はみな人生を終え死を迎えると、
個々のたましいの成長レベルに見合った階層へ行きます。


すべてのたましいは、みな、
神の境地を目指して向上しようとします。


人間は肉体とたましいで成り立っています。
血を分けた親子であっても、
そもそもは別々のたましいです。


そしてたましいには年齢があります。
しかし肉体の年齢とは違い、
大人のたましいの年齢が必ずしも
子供より高いとはかぎりません。


人はたましいの修行のためにこの世に生まれてきます。
物質界であるこの世は悩みや苦しみでいっぱいです。
しかし、だからこそたましいは鍛えられ成長してゆきます。


そしてそれを繰り返すことで、
たましいの階層も上がっていくのです。


この世には実にさまざまな成長度の人々が
共存し混在しています。
大人のたましいを持つ子供もいれば、
子供のたましいを持つ大人もまたいます。


それは、今までにどれだけのたましいの経験を積み
成長したかで決まっているのです。



○波長の法則

波長とは想念のエネルギーのこと。
前向きで愛に満ちた明るい心をもった人は波長が高く、
否定的でネガティブで暗い心をした人は波長が低くなります。


この世で出会う人や物やできごとすべては、
実はこの波長が同じだからこそ出会っています。
まさに自分自身の心のあり方が、
さまざまな人やできごとを呼び込んでいるといえます。


そしてこの法則は、
幸せになるためには欠かすことのできない法則
の1つでもあるのです。


低い波長の者は低い波長の者を呼びます。
波長の低いときには悪い人間にもつけ入れられやすくなります。
いつも不安を抱えていると、
何事も不運に結びつきやすくなってしまうのです。


波長とはその人自身が作り出すもの。
前向きに生きてこそ幸せも手に入ります。


“類は友を呼ぶ”


生活に深く関わりのあるこの法則を意識していくことで、
『幸せ』に近づいていくことができるようになるでしょう。



○因果(カルマ)の法則

『自ら蒔(ま)いた種は自ら刈り取る』


この法則は常に私たちの生活の中にあり、
前述の「波長の法則」とも深く関わっています。


笑顔を向ければ必ず笑顔を向けられる。
敵意を向ければ必ず敵意を返される。
自分のしたことは同じように自分に返ってきます。


“因果の法則”は自分を映し出す鏡のようなもの。


だからこそ反省と挽回の機会もあり、
学ぶことでたましいの成長につながっていくのです。



○守護霊(ガーディアン・スピリット)の法則

すべての人はみな例外なく守護霊に見守られています。


しかし守護霊はいつも優しく救いの手を
さしのべてくれるばかりではありません。


見守っている人を思えばこそ、
ときには厳しく正しい道へと
導いてくれる先生でもあります。


人には向き不向きがあり、
無理をせず自分の身の丈に合った暮らしが
幸せを呼びます。


そしてその中で、前向きに生きる努力をすることで
守護霊も喜んで手を貸してくれるのです。


ときには優しくときには厳しく突き放し、
私たちを幸福へと導いてくれるのが
守護霊なのです。



○運命の法則

私たちの人生には「宿命」と「運命」があり、
「宿命」とは生まれた時代・国・性別・家族・肉体など
変えることのできないもので、
「運命」は今の自分が作り上げているものであり、
変えることができるものです。


幸せになれるかどうかの分かれ目は、
悩みや苦しみという経験を自分の成長の糧(かて)に
できるかどうかにかかっています。


人は何かしらコンプレックスを持って生まれてきます。
しかし、そこには真の幸せを考えるチャンスがひそんでいます。


つまり悩みや苦しみを、
“「運命」を切り開くための力”と
できるかどうかにかかっているともいえます。


ケーキで例えるなら
土台となるスポンジ部分は「宿命」
すなわち生まれた時から決まっており、
変えることのできない部分。


しかしその上のデコレーションは
自由に飾り付けていくことができる部分、
すなわち「運命」です。


「運命」とは
自分の力で切り開いていけるものなのです。



○類魂(グループ・ソウル)の法則

私たちはみな「類魂」という
“たましいのふるさと”を持っています。


“たましいのふるさと”とは、
分かりやすく言えば霊的世界にいるたましいは
すべて“一体”ということ。


たましいは非物質的なもので、
「自分」と「他人」との境目がなく、
全体が『自分自身』ともいえます。


しかしその中でも、
互いに似通ったたましい同士が仲間を作り
お互いに成長を助け合っています。
それが『類魂』です。


すべての人にそれぞれの「類魂」があり、
その中にはそれぞれの守護霊も
前世のたましいも来世のたましいもいます。


それらすべてのたましいが、
今この時「類魂」の代表として
この現世に修業に来ているそれぞれの人の成長を見守り、
応援してくれています。


そしてやがて修行を終えたたましいは
再び「類魂」というふるさとへ帰っていきます。


成長して戻ってきたたましいは、
仲間の「類魂」たちをも成長させてくれます。


そしてその「類魂」の中から、
再び別のたましいが現世に修行に出るのです。



○幸福の法則

①「霊魂(スピリット)の法則」

全ての者はみな霊的な存在であり、
死後もたましいは永遠に生き続ける。


この法則を知ることで、
“死の恐怖”や“死別の悲しみ”、
“人生は不幸なもの”という
マイナスの思いをしなくなります。


②「階層(ステージ)の法則」

たましいがどれだけ純粋で、
かつ愛に満ちた成長をできるかによって
霊的世界の階層が決まります。


そしてたましいの成長に年齢は関係なく、
「大人のたましい」を持った子供もいれば
「赤ちゃんのたましい」を持った老人もいます。


③「波長の法則」

人生を前向きで明るい波長で生きていれば
幸福を呼びこむことができます。


出会う人、さまざまなできごと、いろいろな物、
それらすべてはその時の自分の波長に合ったものを
自ら引き寄せているのです。


④「因果(カルマ)の法則」

「波長の法則」と深い関わりがあります。


『自分で蒔(ま)いた種は自分で刈り取る』


自分の犯した過ちは、
必ず自分自身に返ってきます。


しかしそれは、反省と挽回(やり直し)の
チャンスを与えられているということでもあるのです。


⑤「守護(ガーディアン・スピリット)の法則」

すべての人は例外なく守護霊に見守られています。


ときには試練を与えることもありますが、
正しき方向に導くように
優しく見守られています。


⑥「運命の法則」

宿命は変えることができません。


しかし運命は自らの力で
切り拓き、作り上げていけるものです。


⑦「類魂(グループ・ソウル)の法則」

私たちは“類魂”という
たましいのふるさとがあります。


そこでは、守護霊も前世も来世のたましいも、
みな自分自身と一体の仲間なのであり、
お互いの成長を見守りながら助け合っています。


⑧「幸福の法則」

これまでの7つの法則はすべて
みなそれぞれが「真の幸福」を
手に入れることができるようになっているという法則です。


この『幸福』とはお金や名誉や美しさなどの
物質的・表面的なことを指しているのではありません。


“生きることの真理”


人生のルールを知り、限られた人生の中で
たましいを成長させつつ精一杯生き抜くことが
真の『幸福』につながるのです。


さまざまな苦難をも含め、すべてが
「幸せになるために起こっていること」と
素直に受けとめる心を持つ人が
本当の幸せな人となれるのです。





これらの8つの法則は実践することで
その人の糧(かて)となります。


ただ知識として持っていても役にはたちません。


家族・友人・恋人・仲間・上司部下・夫婦など
あらゆる関係、そして人生のあらゆる場面において
この法則を実行していきましょう。


人生に失敗はありません。


苦難と思えることも、
人生に必要な課題です。


そもそも必要でないものは、やってきません。


全てが学びとなります。


もっというと、どんなできごとも、
たましいを磨くために贈られた
霊界からのプレゼントなのです。


人生の道に迷った時、
自分を見つめ直したい時、
この8つの法則を思い出し実践していけば
何も恐れることはありません。


『真の幸福を手に入れる』


全ては自分次第なのです。
[ 2014/01/30 13:16 ] 幸運引き寄せ | TB(-) | CM(-)

幸福の法則

①「霊魂(スピリット)の法則」

全ての者はみな霊的な存在であり、
死後もたましいは永遠に生き続ける。


この法則を知ることで、
“死の恐怖”や“死別の悲しみ”、
“人生は不幸なもの”という
マイナスの思いをしなくなります。


②「階層(ステージ)の法則」

たましいがどれだけ純粋で、
かつ愛に満ちた成長をできるかによって
霊的世界の階層が決まります。


そしてたましいの成長に年齢は関係なく、
「大人のたましい」を持った子供もいれば
「赤ちゃんのたましい」を持った老人もいます。


③「波長の法則」

人生を前向きで明るい波長で生きていれば
幸福を呼びこむことができます。


出会う人、さまざまなできごと、いろいろな物、
それらすべてはその時の自分の波長に合ったものを
自ら引き寄せているのです。


④「因果(カルマ)の法則」

「波長の法則」と深い関わりがあります。


『自分で蒔(ま)いた種は自分で刈り取る』


自分の犯した過ちは、
必ず自分自身に返ってきます。


しかしそれは、反省と挽回(やり直し)の
チャンスを与えられているということでもあるのです。


⑤「守護(ガーディアン・スピリット)の法則」

すべての人は例外なく守護霊に見守られています。


ときには試練を与えることもありますが、
正しき方向に導くように
優しく見守られています。


⑥「運命の法則」

宿命は変えることができません。


しかし運命は自らの力で
切り拓き、作り上げていけるものです。


⑦「類魂(グループ・ソウル)の法則」

私たちは“類魂”という
たましいのふるさとがあります。


そこでは、守護霊も前世も来世のたましいも、
みな自分自身と一体の仲間なのであり、
お互いの成長を見守りながら助け合っています。


⑧「幸福の法則」

これまでの7つの法則はすべて
みなそれぞれが「真の幸福」を
手に入れることができるようになっているという法則です。


この『幸福』とはお金や名誉や美しさなどの
物質的・表面的なことを指しているのではありません。


“生きることの真理”


人生のルールを知り、限られた人生の中で
たましいを成長させつつ精一杯生き抜くことが
真の『幸福』につながるのです。


さまざまな苦難をも含め、すべてが
「幸せになるために起こっていること」と
素直に受けとめる心を持つ人が
本当の幸せな人となれるのです。





これらの8つの法則は実践することで
その人の糧(かて)となります。


ただ知識として持っていても役にはたちません。


家族・友人・恋人・仲間・上司部下・夫婦など
あらゆる関係、そして人生のあらゆる場面において
この法則を実行していきましょう。


人生に失敗はありません。


苦難と思えることも、
人生に必要な課題です。


そもそも必要でないものは、やってきません。


全てが学びとなります。


もっというと、どんなできごとも、
たましいを磨くために贈られた
霊界からのプレゼントなのです。


人生の道に迷った時、
自分を見つめ直したい時、
この8つの法則を思い出し実践していけば
何も恐れることはありません。


『真の幸福を手に入れる』


全ては自分次第なのです。
[ 2014/01/28 13:46 ] 幸運引き寄せ | TB(-) | CM(-)

類魂(グループ・ソウル)の法則

私たちはみな「類魂」という
“たましいのふるさと”を持っています。


“たましいのふるさと”とは、
分かりやすく言えば霊的世界にいるたましいは
すべて“一体”ということ。


たましいは非物質的なもので、
「自分」と「他人」との境目がなく、
全体が『自分自身』ともいえます。


しかしその中でも、
互いに似通ったたましい同士が仲間を作り
お互いに成長を助け合っています。
それが『類魂』です。


すべての人にそれぞれの「類魂」があり、
その中にはそれぞれの守護霊も
前世のたましいも来世のたましいもいます。


それらすべてのたましいが、
今この時「類魂」の代表として
この現世に修業に来ているそれぞれの人の成長を見守り、
応援してくれています。


そしてやがて修行を終えたたましいは
再び「類魂」というふるさとへ帰っていきます。


成長して戻ってきたたましいは、
仲間の「類魂」たちをも成長させてくれます。


そしてその「類魂」の中から、
再び別のたましいが現世に修行に出るのです。
[ 2014/01/27 13:14 ] 幸運引き寄せ | TB(-) | CM(-)

運命の法則

私たちの人生には「宿命」と「運命」があり、
「宿命」とは生まれた時代・国・性別・家族・肉体など
変えることのできないもので、
「運命」は今の自分が作り上げているものであり、
変えることができるものです。


幸せになれるかどうかの分かれ目は、
悩みや苦しみという経験を自分の成長の糧(かて)に
できるかどうかにかかっています。


人は何かしらコンプレックスを持って生まれてきます。
しかし、そこには真の幸せを考えるチャンスがひそんでいます。


つまり悩みや苦しみを、
“「運命」を切り開くための力”と
できるかどうかにかかっているともいえます。


ケーキで例えるなら
土台となるスポンジ部分は「宿命」
すなわち生まれた時から決まっており、
変えることのできない部分。


しかしその上のデコレーションは
自由に飾り付けていくことができる部分、
すなわち「運命」です。


「運命」とは
自分の力で切り開いていけるものなのです。
[ 2014/01/26 12:55 ] 幸運引き寄せ | TB(-) | CM(-)

守護霊(ガーディアン・スピリット)の法則

すべての人はみな例外なく守護霊に見守られています。


しかし守護霊はいつも優しく救いの手を
さしのべてくれるばかりではありません。


見守っている人を思えばこそ、
ときには厳しく正しい道へと
導いてくれる先生でもあります。


人には向き不向きがあり、
無理をせず自分の身の丈に合った暮らしが
幸せを呼びます。


そしてその中で、前向きに生きる努力をすることで
守護霊も喜んで手を貸してくれるのです。


ときには優しくときには厳しく突き放し、
私たちを幸福へと導いてくれるのが
守護霊なのです。
[ 2014/01/25 12:19 ] 幸運引き寄せ | TB(-) | CM(-)
検索
カテゴリ
週間人気ページ